3月は引越しシーズン!自分でお得に引っ越し2021.03.14

3月は卒業シーズン、4月には新生活がスタートする方も多いことでしょう。何かと人が動く時期です。
引越し業者に依頼する方もいれば、ご自身や家族で引越しされる方もいらっしゃるでしょう。お得な引越し方法をご紹介します。

最も安いのは自分で引越しを行うこと

当然ですが、自身で2tトラックなどをレンタカーで借りてきて、ご自身で運ぶのがもっともお得です。レンタカーであればハイエースなどの大きいワンボックスや2tトラックを24時間借りても16,000円ほどです。
運ぶ時の梱包資材ですが、ダンボールはホームセンターで売っていますし、新聞と取っていれば、新聞紙を緩衝材として使うこともできます。
あとは体力勝負です。

引越し業者は建物を保護するための養生などを丁寧に行いますから、それらの費用と人件費等を自身で引越しすることで抑えることができますね。
ただし、賃貸物件の場合、角に白物家電をぶつけたりして破損させるとかなり高額な出費になるので、くれぐれも丁寧に行ってください。

引越し業者に依頼した場合、価格は?

では、逆に引越し業者に依頼するといくらくらいかかるのかですが、3月は引越し業者にとって1年間で最大の書き入れ時ですから、割引はほぼありません。
この時期に引越し業者に依頼すると非常に高いです。

引越し業者を使う場合は、3月までに必要最低限の物以外を事前に送っておくのが良いでしょう。

そして、引越し業者に依頼する場合でも、ご自身で引越しする場合でも、必ずゴミや使わなくなった不用品が出ます。

引越しの時に出た不用品はどうする?

実は引越し業者でも『不用品回収』のサービスはあります。
しかし、専門業者ではないため、回収できる品目が限られていたり、1つ4,000円~など非常に高い料金設定になっています。
これ、事前に考慮していないと、その場で「こちらどうします?うちでも処分できますけど」って言われると、そのまま頼んでしまいそうになります。
ここは少し手間ですが不用品の処分は不用品回収の専門業者に依頼した方が良いです。

不用品の『無料回収』は怪しい

引越しシーズンは不正業者にとっても書き入れ時です。
なぜならこの時期まだ引越し業者を探している人は、多くの場合、荷物をまとめることも出来ていません。つまり、退去日は迫っているが、何も手がついておらず、焦っているわけです。
スケジュールにも心にも余裕がないと、他の業者と比較したり詳しく調べたりせず、そのままご依頼いただけることが多いためです。
不正業者はそういう機会を得るために、『無料回収』のチラシ配りをしたり、大音量で宣伝したり、この時期たくさん動き出します。
しかし、そもそも『無料回収』って怪しいと思いません?

回収させていただいた不用品は、私たちも全てお金に変えたり、無料で処分しているわけではありません。処分にお金がかかる物は、お客様から回収させていただいた後、処分料を支払って、適切に処分しています。
また、まだ使用できるものは販売したり、資源になる物をリサイクル業者に引き取ってもらっても、それでも十分な利益にはなりませんから、無料回収を謳っている業者はどこで利益を出しているのでしょうか・・・

不用品の回収は基本的に費用が掛かる物です。
『無料』というのは非常に強力なパワーワードですが、違う所でお金がかかったり、そもそも適切に処分していない不正業者である可能性があります。

『無料』という言葉に誘われて、お金も時間も失う前に、一度お問い合わせください。


片付けヘルパーに電話